施設案内 | ラ・リューシュ


施設案内 | ラ・リューシュ

1


La Ruche



若き日のシャガールやモジリアニなど巨匠を生んだアトリエ兼住居として現在もパリの記念建築とされているものと同様のギュスターブ・エッフェルの建築。もとは1900年に開催されたパリ万国博覧会のパビリオンに使用されていたもので、老朽化により取り壊しが決定された際、吉井長三が買い取り日本に移築しようとしたところ事態は好転。パリでの保存が決定したため、設計図を買いとりまったく同じものを1981年に再現。アーティストのための創作の場「ラ・リューシュ」がパリ以外にもう一つ、ここ清春にも完成しました。


La Ruche has the same structure as the original building which was built as a temporary building designed by Gustave Eiffel for use as a wine rotunda at the Great Exposition of 1900 in Paris. In the early years of 20th century, La Ruche became a residence for artists. Chaim Soutine and Marc Chagall frequently lodged and made use of the atelier. Our La Ruche was also built as an atelier for artists. | Established in April, 1981.